Search this site
チェルノブイリ原発事故の問題を、
被災地の人々と共にアートで伝える新しいNGO、
チェルノブイリ・アートプロジェクト【apch】。

学生ならではの視点で、同世代に情報を発信します。
初めまして〜^^
 

こんにちは、そしてBlogでは初めまして。yukikiです!

 

今年入って、初めて23日のMTGに参加しました^^


その行程は既に皆が伝えてくれているので、

私は感じた事を中心に書いてみようと思います。

 

 先ず、apchで活動するにあたって私は、私たちの活動によって

チェルノブイリに興味を持ってくれた人が、直接チェルノブイリに関わっていってくれる事が目標だと思っていました。

 

もちろん、私たちのアクションが、誰かのアクションを促し、次に繋がっていけばそれは最高な事です。


けれど、そうなるとハードルはとても高い。

私は、1人で変な使命感を感じては、その難しさに困惑していました。

 

 少しでも多くの人に“チェルノブイリ”という言葉を知ってもらうだけでも、十分意味があるという事を教わった時、私はようやくその使命感から解放されたわけです。

 

今、一人でも多くの人に、チェルノブイリの事を知ってもらうきっかけになること、それを目標に活動していきたいです。


そのきっかけとなる、イベントの成功の為に頑張ります!

 

posted by yukiki | 22:52 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
日々の変化

 こんにちは、MOMOです。学生プロジェクトがまた動き出しました!

これからどんなことをしていこうか、日々かんがえております、、。

前回のミーティングで、イベントのテーマをきめました。

きめてるときのこと。



イベントのテーマがなかなか決まらない私たちは、学生プロジェクトのテーマ、目的、使命のようなものも考えてみようということになりました。

「どうして私たちは、学生プロジェクトに参加しているのか」
「その意味とは」

そのようなことを考えながら、話し合いました。

apchが大事にしていること。それは、「現地と共に」。現地のことを知ってもらうことが、すべてのスタートだと考えているRIAさん。

そこで、現地に行ったことのない私たちができることって??

私は、「現地に行っていないことで説得力に欠ける」と常々思っていて、どうしたらいいかわからなかったんです




すると、あるメンバーが「感じたことををシェア」するという言葉を使いました。

その言葉を聞いたとき、なんていうんでしょうか、「それだ!」っていうか、「それならできるかも」って心の底から感情が湧いて出てきました

いままで「講演をする」ということで、どんなふうにすればいいかわからなっかったし、ちょっと難しいなって思ってました

現地に行っていない私たちが、事故のことを話し、みんなに知ってもらう。

その人だからこそ伝えられることがあるっていうけれど

それがどういうものか実感がなかったですわからなくて、ただただ議論をすすめていました。

だけど、その言葉を聞いて、自分の中ですっきりしました



あーシェアならできる!!シェアなら自信を持って、努力できる!

シェアすること自体は難しいかもしれないけど、これがapch学生プロジェクトの使命なんじゃないかと思えました

このテーマでしっくりきた気がするのです


 だから、今イベントがすごく楽しみでしょうがありません

みなさん、ぜひイベントに遊びに来てください

みんなで頑張ります!!

ではでは失礼します。

posted by MOMO | 23:42 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
久々のミーティング
今回はぬんがお送りします
アメリカから無事に帰国して
23日にmeethingに久々に参加してきました

今回のmeetingでイベントの日程が決まりました
5月4日から16日になりました。
場所は高田馬場です。
VERY VERY IMPORTANTです


久々にmeetingに参加して
メンバーに会えて
すごく懐かしくもあり、嬉しくもあり
新しいメンバーとも初めて会ったので
ドキドキでもありました
新メンバのみんなもすごくステキな人たちで
一緒にイベントができるのがすごく嬉しいです

久々に参加した学生プロジェクトは
前よりもすごくなってると思いました
何が?!って言われると
そんなハッキリと言えるコトではないんですが
みんなすごい成長したなって思いました
なんだか私が置いていかれちゃった感じがします
私も自分のペースでがんまります
やっぱり学生プロジェクトはすごいなって改めて感じました

meeting中



みんなでイベントのコトなどを決めました
いろんな意見をだしあったり
イベントに来た参加者のみなさんが
どうやったり楽しんでもらえるか
みんなで考えました




勉強会みたいになってる
ボードにみんなの意見を書いて
みんなの意見をまとめたり

今回のイベントは前回と全然違って
学生が主体となってやっていきます。
今回のイベントがどんな感じになるのかとゆう
不安もありますが
新しい何かが見るかるんじゃないかとゆう
ワクワクやドキドキの方が大きいです❤
私は前回はイベントには参加できなかったので
準備期間のコトしかわからないんですが
結構慌ただしかった記憶があるので
今回はそれ以上に大変に
なるのかなと思ってます
けど、今回のイベントはすごいやりがいのあるものに
なるんだろうなと感じています
早くやりたいなぁって思いもありつつ
準備が間に合うのかなと思う不安もちょっとあります。。
けどなんとかなります


まだまだやらなくちゃいけないコトも
たくさんありますが
学生プロジェクトのメンバーみんなで
がんばっていきます
またイベントの情報が決まり次第
すぐにアップしていきます
お楽しみに
posted by ぬん | 01:33 | - | comments(3) | trackbacks(0) |
二回目〜
 
お久しぶりです、MOMOです。



今回は、前回の続きで旅のことを書こうと思います。


 一人旅は初めてでした。海外旅行は二回目。こんな旅自体初心者の私は、一人旅がかなりの恐怖でした。。

宿が見つからなかったらどうしよう、お金をとられたらどうしよう、迷子になったらどうしよう、襲われたらどうしよう、飛行機が遅れたらどうしよう、、、、などなど心配は絶えませんでした。

RIAさんに話を聞いて、さらに恐怖倍増

同時に期待感倍増

めっちゃこわいけど、めっちゃ楽しみ

これが出発前の感情でした

ただ、出発の前日や当日になって、いろんな人から心配や励ましのメールをいただきました。

「がんばれ」や「気を付けてね」など

なんかそのメールを見てたら、自分が子供に戻ったみたいでした

知らない土地に一人で乗り込む。それをたくさんの人が心配してくれる。

しかもそれを、自分の感覚と感情に任せて動いてオッケー

いつぶりだろう、、って思ってうれしくなりました。

旅は日常と違う感覚を持たせてくれる、不思議な時間ですね


話が長くなりましたね

さてさて私は、タイは四日間・ラオスは六日間いました。

初日にタイで一泊したのですが、まずバンコクの都会っぷりにびっくり!!東京と同じ、いやそれ以上の勢いを強く感じ圧倒されたのを覚えています。

バンコクには多くの日本人が居て、本当に旅しやすかったですね

初日は、宿で知り合った人たちとご飯を食べ一緒に話をしました。大したことはしゃべっていませんが、

見知らぬ土地で見知らぬ人としゃべっている。

「あーどうにかなるんだな

と、思い知らされました。


翌日はすぐにラオスへ。ルアンババーンという世界遺産の町。

空港について、中心地に行く途中でもう

「ラオス最高」

そう感じるほど雰囲気が穏やかでした。

着いてからまず、宿を探さなければいけません

適当にガイドブックに載っている宿に連れていってもらいました。

が!!!!満室。。。。

気を取り直して宿探し

二軒目も満室。。。

どうしよう〜とへこんでいたら「こんにちは」と声を掛けられた。

一瞬、日本語に聞こえなくてぼーとしてしまったが、振り返ると日本人の女性が

宿を探していることを話すと、彼女のまっている宿に連れていってくれました

結局その宿には空きがなかったんですが、代わりの宿を紹介してくれたし、彼女は値段交渉までしてくれて、10ドルを7ドルで泊めてくれることになりました

本当に私は運が良くて、彼女にも感謝しています。


ちなみになんですが、ルアンババーンは観光都市なのでほとんどのゲストハウスがダブルベッドかツインでした。ドミトリーのある宿も極端に少ない。あと、バナナと水がサービスのところも多かったみたいですね。

話を戻します

宿も決まったら、あとはラオスを満喫するだけ!

もうラオスはご飯もコーヒーもビールもすべておいしかった!!!!ふ化する前の卵の茹で卵や、メコン川にいる魚もみんなみんなおいしかった

ルアンババーンは小さい街で、行くところも限られてしまうから、いろいろな人たちとも仲良くなれました。

私は基本的に、子供の僧侶と話していることが多かったですね。彼らは女性には触れてはいけないのですが、とても気さくに話しかけてくれて、楽しかったです。


でも今回旅で感じたのは、

旅は別れが多くて切ない

ということ。せっかく仲良くなれたのに、翌日にはお別れ。そういうものだってわかっていたけれど、やっぱり悲しくて、いつまでも一緒にいたくて、別れはつらかったです。

良い旅を!を合言葉にみんなが別れてしまう。切ないです




あーなんか書きたいことがいっぱいあるけど、文章力がなくて。。。

脈絡のない文章になってしまってすいません。


とりあえず、一人旅に出かけてよかったです。

やりたい!って思ったことを実行するのって、勇気と労力が必要だけど、実行した後は充実感を感じれると思います。

自分が意外とタフだってこと・窮地に追い込まれたら、なんでもできること・他人は想像以上に優しいこと・物事は考え次第で変わること・ノープロブレム!なことが多いこと・私は人が大好きだってこと・・・

いろんな事が見えてきました。

これらのことが、これからどうつながっていくのかは分からないです。

だけど、知れてよかったなあとはっきりと思えます。


みなさんも旅に出かけてみては???

次はどこに行こうかな。
朝日を浴びたアンコールワットは最高だって聞いたから、今度はカンボジアかな?
たのしみー

また、何か書くかもしれませんがとりあえず終わり
posted by MOMO | 00:29 | - | comments(1) | trackbacks(0) |
イベント会場の下見に行ってきました★
こんばんは( ^ω^ ) 

また更新しますぽちです!

ちょっと日が経ってしまいましたが、13日にTokyo Ritz Cafeに行ってきました★

Tokyo Ritz Cafeは今度イベントをやろうと考えている場所です(^o^)

高田馬場駅から徒歩10分くらいの場所にあります


外観はコンクリートの建物で、内装もコンクリートでおしゃれな空間でした!

おかれている小物なども可愛くてこだわりを感じられます。

tokyo ritz cafe
↑お店の風景


ミーティングはRIAさんとようこちゃんの3人で恋バナ?をしながらでした

ランチタイムでRIAさんはカレー(正しい名前を忘れました...)、ようこちゃんはカフェラテ?

わたしはキャラメルチーズケーキを食べました

全部名前はあやふやなんですが...


↑RIAさんのカレー


↑わたしのケーキ

RIAさんのカレーは食べてないですが、めっちゃおいしそうでした!

お肉はとろとろ柔らかい感じで、1日限定10食なんですって!

RIAさんはラスト1食!運いいですね

わたしのケーキは見た目も可愛く、味はほろ苦くて甘すぎずおいしかったです



食べ終わってから、お店の方と写真展とパーティーの相談をしました。

お店の方はとっても素敵な方で、快く受けていただき、

テレビもお借りできたり...!

アンケートや写真展のテーマを書いた広告(今後作るぞ)を置きたいという相談にも

どうぞ!むしろテーマの書いてある広告はあったほうがいいと言っていただきました

「せっかく写真を展示するんだから、お客さんにその意味が伝わった方がいい」と、

一緒になっていろいろ考えたりアドバイスを下さったり…心の中で感激してました(;o;)


こんな素敵な店員さんがいるお店でのイベントだから、いいものになりそう

あと、店員さん情報によるとランチタイムはOLさん、ディナータイムには学生が多く利用するみたい

だから、apchの伝えていきたい対象にぴったりなんだよね、さらに嬉しい


イメージはなんとなく掴めたから、このままの勢いでカタチにしていきたいな!!!
posted by pochi | 23:45 | - | comments(1) | trackbacks(0) |
ミーティングを終えて..
前回のミーティングからかなり遅くなってしまいました...
そしてかなりおひさしぶりです。
ぽちです(^o^)

12〜2月は恐ろしいほどの課題の山で忙しかったです
春休みに入って、今は天国のようだ...


先月27日に行われたミーティングで久々にRIAさん、メンバーのみなさんに会って
自分がapchのことを最近考えてなかったことに気づきました

みんな、今後何をやりたいかを考えていたり
自分に何ができるのかとか
チェルノブイリ原発事故について深く知ろうと考えていたり....

なにも考えていなかった自分が恥ずかしいと思いました(xωx`)


話し合いでは5月頃にイベントをやろうと言うことになり
高田馬場のお店で写真展をしよう!と言うことになりました

写真展は2回目ということでいつもよりもスムーズに話し合いが進んだ気がしました笑


前回の写真展が行われた最終日のパーティでは大人の方の参加がほとんどでしたが
今回の写真展では学生を対象にした写真展の構成、トークショーをすることになりました!

前回のトークショーはRIAさんにお話していただきましたが
今回はわたしたち学生プロジェクトメンバーがやることに....

まだまだ知識が足りないので、本を読んだりして
勉強することから始めなければなりません!

みんなより遅れをとっている気がするから、わたしも頑張って勉強しなきゃー
勉強しても、伝えられなきゃ意味がないから
それも難しいけど頑張らなければならないですね
みんなで頑張りましょうねっ

明日はミーティングだ!
自分なりにいろいろ考えて行かなきゃ








posted by pochi | 19:11 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
nuclear weapons
こんにちは
久々にアメリカ留学中のぬんが
ブログを更新しちゃいます 


アメリカにきて
5ヵ月が経ちました
which
 means もうすぐ帰ります

アメリカに来て異文化にふれて
戸惑うコトもあったり
ビックリすることもあったり
本当にいつもいつも海外に行くたびに
どの国も
私にいつも驚きをくれるな
といつも感心してます

さておき
大学の宿題でアメリカ人に
アンケートをしてプレゼンをする機会があったんですが
私は核のついて調べました
去年オバマさんが核廃止宣言をしたコトが
確保国としてどう思っているのか知りたくて
このトピックにしました

いろいろアメリカ人と話していると
核はやっぱりよくないって話に毎回なりました
でも廃止できるかと言われたら
できないと思うと言う意見もすごい多かったです
私が聞いた人、全員がオバマさんの意見に賛成している
国は核を保持してはいけないとゆう意見
が、しかし
核が廃止できるかと聞くと無理だと思う
とゆう意見が多かったです
こんなにも核はない方がいいって意見が多いのに
核はどうして廃止できないんだろうって
すごく考えさせられました

核が関連した事故とかを何か知ってますか?
の質問には
チェルノブイリが1番だったのは

嬉しかったです
けど実際大きい事故だったとは
みんな知っていましたが
どんな被害が起きたのかや起きているのか
のかは全く知らなかったです。


核が爆発すると体にどんな被害が起きるか知ってますか?
の質問では、ほぼ全員が体に良くないとは知ってるけど
実際にどんなコトが起きるのかはわからない
中には潜伏期間があってすぐには発症しないって聞いたことがある
という意見やがんになりやすくなるという意見もありました。
やっぱり体にどう影響するかをはっきり知ってる人は
いないんだなって思いました。

核を廃止するためにできるコトがあると思いますか?
の質問には
できるコトはないだろうって人もいました。
歴史の中で核がよくないってコトは
たくさんの人が知ってたコト
でもみんな核の持つ大きなパワーが欲しいから
核を廃止しようとはしなかった。
また歴史を知って核が
何をしてきたのか知るべきであるや
もっと世界の人々が核について話あう機会が
あった方がいいと思うとゆう意見もありました。

プレゼンをしたトキに
カザフの友達からの質問で
もし私がアメリカの大統領だったら
核を廃止するためにどんなコトをしますか?
って聞かれたんですが
アメリカの人が核についてもっと
考える機会を作って
もっと世界の人に核のコトを
知ってもらえるようにしたい
って言ったら
OK! we gonna talk about it with friends.
って言われたトキはちょっと嬉しかったです

核についても問題はまだまだたくさんあるし
オバマさんが言ってた通りに
すぐにできるコトではないと思う
けど、今回話したアメリカ人と
プレゼンを聞きに来てくれた世界の友達が
核のコトについて
ちょっとでも考えてくれたら
すごい嬉しいなって思ってます
すぐに大きな変化を求めても
結果はすぐに付いてこないけど
少しづつ確実なステップを踏めば
きっと不可能だと考えられてるコトも
可能になる気がします

最後にオバマさんの核廃止宣言のスピーチが
個人的に結構気に入ってるにで
載せちゃいます

I state clearly and with conviction
America's commitment to seek the peace and security
of a world without nuclear weapons.
I'm not naive. This goal will not be reached quickly
perhaps not in my lifetime.
It will take patience and persistence.
But now we, too, must ignore the voices
who tell us that the world cannot change.
 We have to insist, "Yes, we can." 
by Baraku Obama
information From 
http://www.huffingtonpost.com/2009/04/05/obama-prague-speech-on-nu_n_183219.html


posted by ぬん | 14:09 | - | comments(5) | trackbacks(0) |
一人旅!!!
 
に行ってきました。

あ、突然すいません

10日間タイとラオスに行ってきました。とても楽しかったです

私にとって初めての一人旅で、すごく思い出深いものになりました。今回、誠に勝手ながら、私が一人旅に出た理由を書かせてもらいます。




 apchに入る前、私は同じ生活環境・学歴・価値観を持った狭い世界で生きてきました。

そのなかで、自分がどのように生きていけばいいかを悩んでいました。

しかしapchで出会った人たちは、様々な価値観を持つ人がいてとても新鮮で、自分でもいろいろなものを見て感じてみたいと思うようになりました。

狭い世界の中で選択肢を選ぶよりも、まずは世界を広げてみようかなと思ったんです。


 11月のイベントで出会った人たちは、みな旅が好きな人で、彼らの話を聞いていたら旅に出たくなりました。

特に「ラオスがよかった」というのを聞いてラオスを初一人旅の旅先に選びました。とても単純な理由


私自身こんなに行動に移せるとは思ってなかったです。

旅に出て何が変わったとか、何かを得たとかはわかりません。ただいろいろなことを見て聞いて感じて帰ってきました。

apchに参加して、ラオスがいいって聞いて、思い切って行ってきました





長くなりましたが、これが私が旅に出た理由です



 旅に出て本当に良かったって思います。

やりたいことを後押ししてくれる仲間がいるっていいなって。




では、次回は旅の内容について書きますねー!!
posted by MOMO | 22:56 | - | comments(4) | trackbacks(0) |
フリマ後初ミーティング!
 こんにちは

久しぶりのブログですが…
先週の土曜日学校のテストや課題がようやく終わり
フリマ後初ミーティングが行われました

まずはフリマの収益金の報告をしたいと思います
純利益は18250円となりました

私的には想定以上だったんだけどみんなはどうかな?

今回販売した商品はRIAさんのお知り合いの方々からご協力頂いたり
多くの人の協力があってこの結果になったと思います
ご協力頂きました皆様ありがとうございました

ミーティングの中ではフリマの報告なども行われて
今後も定期的にフリマをやろうということになりました!
今回フリマをやって感じた事は意外に年齢層が高いということ
私のイメージ的にはおしゃれな雰囲気の若者が多いのかなというイメージをもっていたので意外でした

あとこれはRIAさんが言ってたんだけど…
お客さんにチェルノブイリ原発事故のために活動していると話したら
正規の値段で買ってくださるお客さんとか結構いて…
お金の価値って条件とか想いとかでかわるんだなーって実感しました
私たちはまだ学生で社会で働いたことないからお金の価値って難しいけど
今回のフリマで価値も変わるって実感できました

あとは「伝える」事って難しいと実感しました
上手く説明できなかったり…
事故についてとか勉強もしないといけないと反省しました
でも「伝える」事って大切ですね
伝えないと伝わらないし

あとは個人的に楽しかった

ほんと個性豊かなお客さんがおおかったなぁと
販売のアルバイトやってたけどあんなユニークな方はあまりいなかった
フリマおもしろい


次回のイベントの内容も決まったし…
結構大きなイベントだからがんばらなくてはね

就活だけどたのしみだ〜





posted by ひぃさん | 02:12 | - | comments(4) | trackbacks(0) |
卒業旅行!


こんにちは。

いやいや、なんだかだんだんと、
春の雰囲気が漂ってきましたね

気づいたら、もう3月になろうとしているところですな。
そんな中、わたしは、すでに、花粉の被害に苦しんでおります・・・

鼻かみすぎー!!
鼻の下の化粧意味なしー!!!
くしゃみ頻繁ー!!!

花粉症の皆様、一緒に乗り切りましょう






さて、本題に入りますが、
私は先日、卒業旅行としまして、


なんと!


まさかの!


初の!!


ヨーロッパ!!!


イタリアに行ってきました!!


海外旅行自体あまりいったことのない私ですが、
初のヨーロッパということで、気分は常に上がり調子

出発前は、なんだかんだ忙しく、
何のリサーチもせずに、イタリアに来てしまってので、
こんなにも、イタリアが、歴史あふれる国だとは知らず。(恥ずかしい〜)

終始、歴史的建造物に、感動させられ、
キョロキョロしながら歩いてました。


*ドゥオモからの光景。マンマミーヤ!



*本場のパスタ!・・・ボーノ!!



*いたるところにいた、なぞのツタンカーメン。ボンジョルノ!






今回の旅行で、一番よかった場所は、
ヴァチカン美術館・システィナ礼拝堂です。(写真がないのが残念。

人の多さも一番。。。
すごく人気スポットではあるのですが、本当、胸いっぱいになれました。



なんといって、一番は、システィナ礼拝堂の『最後の審判』。

本当に、「感動して、言葉が出ない」とはこのことだな、と実感しました。

私は、キリスト教についての知識も大してない。
この絵についての知識もほとんどない。

でも、私はその絵を前にして、心を奪われて、
私だけでなく、隣の友人も、隣のおじさんも、おばさんも、お姉さんも、お兄さんも。

何百年も前に書かれたこの絵。
こんなにも長い間、多くの人々を感動させてきたこの絵と作者に、
改めて感動し、偉大に感じました!

アートで人の心に呼びかける!apchも同じだよね。

...


旅行をして、異文化を感じて、
私の「あたりまえ」が、一瞬にして、「あたりまえ」ではなくなってしまう。

そこ、それぞれが、「あたりまえ」もっていて、
それを感じることで、新たな感性を味わうことができる。

そこに、旅の醍醐味を感じました。

ベラルーシに関しても、
普段はRIAさんから話を聞いているだけですが、実際に行ってみたら、
きっと、何かまた違ったものを感じることができるのだろうなと、思いました。 わくわく!




さて、今週は、学生プロジェクトのミーティングが控えております。
またそれについては後ほどお知らせします



posted by pipipi | 17:18 | - | comments(3) | trackbacks(0) |