Search this site
チェルノブイリ原発事故の問題を、
被災地の人々と共にアートで伝える新しいNGO、
チェルノブイリ・アートプロジェクト【apch】。

学生ならではの視点で、同世代に情報を発信します。
<< 4かいめ | TOP | ロッカイメ >>
ごかいめー!
 
はじめまして、こんばんは

ぽちと申します( ^ω^ )

自己紹介★

デザインの勉強をしている大学2年の女子!

趣味はお笑いを見ること!ポストカードを集めること!

自分ではまじめだと思っています!



学生プロジェクトのみなさま!

話し合いになかなか参加できなく、申し訳ございません。

学校講演のほうで話は聞いているので一応、現状はわかっているつもりです

家でできること(学生プロジェクト紹介カード的なやつ)はやっています

ひどいメンバーですがよろしくお願いします





わたしが学生プロジェクトに興味をもったのは

「高1の現社の授業で勉強したチェルノブイリ原発事故が印象的だったから」

「デザインの勉強をしているので、アートにそそられたから」

「りあさんの写真で、おじいさんとヤギの写真に惚れたから」

なんです

実際ちょっと活動して、人にわかりやすく、楽しいデザインを考えるのは

むずかしいなーと思っております。

日々勉強!たのしい!




話はまったく変わりますが、学生プロジェクトに入って焦ったことがひとつ!

みんな英語がしゃべれたりなど、海外に興味をもっていること!

もちろんわたしは話せないので、ショックを受けました

がんばって勉強しようと思います





まとまりない文章ですが、このあたりで

明日から夏休み最後のバカンスでグアムに行ってきます

また参加できない、、、、、、ごめんなさい、、、、
















posted by pochi | 02:14 | - | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
ぽちは、学生プロジェクトでイベントもやりながら、
そこから派生した「学校講演プロジェクト」のデザインなども
担当してくれています。

実際にデザインやってもらって、「らしいなぁ」って感じた。
落ち着いた女の子らしさ、というか。
うるさすぎず、控えめすぎずの中に、女性らしさがにじみ出てる。

英語の勉強、頑張ってー。
留学でなくたって、海外を実感できることはいくらでもあるよ。
せっかくだから、国際交流のプロジェクト立てて、
apchを、そういうきっかけの場にしていこう!

2009/10/17 00:31 by RIA
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック