Search this site
チェルノブイリ原発事故の問題を、
被災地の人々と共にアートで伝える新しいNGO、
チェルノブイリ・アートプロジェクト【apch】。

学生ならではの視点で、同世代に情報を発信します。
<< 遅くなりましたが… | TOP | ふりま!!!! >>
これからのこと
 
学生プロジェクトが始って、半年くらい経ちました。

この間に、何回もミーティングを重ねたし先日はイベントも行いました。

探り探りの状態の中にいて、今も探ってはいるけど、見えたものもあって、今度はもうちょっと上の段階に行ける気がしています

ただ、まだ明確ではないのですが、、、



前回のイベントで「学生プロジェクトって何やっているの?」とたびたび聞かれました。

その時私はなにも答えられませんでした。

実際、私たちがしたのはアルバム制作とトイレの展示のみ

私たちは+α的な感じ。


でもRIAさんが求める学生プロジェクトはそうではない。

学生ならではの視点で、同世代に情報を発信する

これが学生プロジェクト。

でもこれが一番難しいんですよね


RIAさんの活動apchはRIAさんにしかできません。

学生プロジェクトは学生にしかできません。

だけど

学生プロジェクトは「わたし」にしかできないことはありません。


べつに、自己主張がしたいわけではなくて

だからこそ、どうしていいのかわからない

「学生であるわたし」というのをいかに発揮するか

そうできたらいいものができる気がします。



すごく自分大好きな人になってしまったけれどまあいいか 笑






これから新しい学生プロジェクトに新しいメンバーが入ります

ドキドキ

aochも学生プロジェクトも常に変化しています。

どこに向かっていくんだろう??

今だったらどこにでも向かえるね、みんなで楽しくゆったりしっかり頑張っていこうね
posted by MOMO | 00:38 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
そうだね。ほんとに、ちょっとした手伝いしかしてないね。

学生の視点でって、案外難しい。りあさんにはない、私達、学生が持ってるなにかがあるかもしれないけど…これからみんなで模索していこう!

新しいメンバーに会いました☆すごく素敵な子だったよ!
2009/11/27 16:01 by pipipi
pipipi
こないだ行けなくて残念だった!私も早く会いたいな〜
学生の視点、難しいよね。早く見つけたいような、焦っちゃいけないような。。難しい。
2009/11/29 15:46 by MOMO
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック